不動産投資で狙える二つの利益

不動産投資とは、数ある投資商品の中でもリスクもリターンも中くらいのレベルと考えられます。もちろん、それぞれの投資家の投資スタイルにもよるのですが、それでも概ねミドルリスク・ミドルリターンな投資だと認識して間違いないでしょう。

ところで、投資には大きく分けて二種類の利益があります。一つはキャピタルゲインであり、もう一つはインカムゲインです。実は不動産投資こそは、数ある投資商品の中でも、その二つの利益が非常に分かりやすい投資なのです。

まずはキャピタルゲインですが、マンションなどの不動産を安く買って高く売った時の売却益のことです。ただし失敗して高く買って安く売ると、逆に損してしまいます。それからインカムゲインとは、マンションなどの不動産を所有して、それを他人に貸すことで家賃を稼ぐことです。つまり、大家さんになって不労所得を稼ぐということです。ただし思うように借り手が現れなければ、空き部屋だらけとなってしまい、却って損をしてしまう危険があります。

キャピタルゲインは比較的リターンが大きくて魅力的ですが、インカムゲインは利益は比較的小さくても安定感の高さは魅力です。いずれにしても、不動産投資で二つの利益のどちらを狙うにせよ、実際に利益を手に入れるためには、まずは勉強が必要になるでしょう。